このサイトでは、尿漏れを改善する方法についてまとめています。サプリをはじめ病院で処方される薬や手術、自宅でこっそり対策する方法など、尿漏れの改善方法を色々とご紹介します。

妊娠・出産後の尿漏れ。破水との違いや改善方法について

尿漏れの原因はいくつかあるのですが、その原因の一つに多いのが、妊娠と出産です。
今まで何ともなかったのに、妊娠や出産を機会に尿漏れが始まる方が多いです。

そして大事なのが、出産後も尿漏れが自然とは治らないということ。
それどころか、放っておくとどんどん酷くなっていってしまうんです。

 

そうならないために、早めに尿漏れかどうかを見極めて、もし尿漏れなら対策を始めましょう!
この記事では、妊娠中や出産後の尿漏れについて、原因や対策方法をご紹介します。

妊娠すると尿漏れがひどくなるのはどうして?

妊娠すると尿漏れがしやすくなる原因は、ずばりホルモンです。

まず妊娠すると、プロゲステロンというホルモンの量が増えます。
このホルモンは赤ちゃんに栄養を送ってくれる「胎盤」を作るために必要なものなのですが、同時に尿漏れを引き起こす原因にもなっているんです。

 

また妊娠妊娠3ヶ月頃から分泌が始まるリラキシンというホルモンには、赤ちゃんを産むために、骨盤を開く作用があります。
骨盤が広がると、骨盤の下にある骨盤底筋が緩んでしまい、尿道口をしっかりと締めることができなくなります。

その結果、おしっこが漏れてしまう…と言うわけです。
ちなみに個人差がありますが、早い人だと妊娠初期から尿漏れが始まります。

妊娠後期の尿漏れは、赤ちゃんが原因??

妊娠後期に突然、尿漏れが始まることもあります。
これは先ほどご紹介したホルモンや骨盤が関係していることも勿論ありますが、お腹の中の赤ちゃんが原因のこともあります。

どういうことかと言うと、赤ちゃんが成長することによって子宮が大きくなると、膀胱を圧迫するようになるんです。
その結果、おしっこを十分に溜められなくなったりして、尿漏れが起こってしまうわけです。

産後に尿漏れがひどくなるのはどうして?

無事げんきなお子さんを出産出来て、ひと段落…。
悩んでいた尿漏れも自然と…良くならない方も多いんですよ。

一度開いてしまった骨盤は、なかなか元に戻りません。
だから尿漏れ対策をしないと、何年たっても尿漏れに悩まされることになります。

 

尿漏れがひどいです。
産後3年以上たっても、尿漏れがひどく困っています。

自分なりに、ひきしめの運動とかしてもあまり効果なく。

http://qq2q.biz/Fcge

 

産後の尿漏れと膣の緩みは関係しているのでしょうか?
一年半前に一人目を出産しましたが未だに尿漏れに悩まされてます。

頻繁にある訳では無いですがくしゃみをした時などに尿漏れがあ
り改善方法が分かりません。

http://qq2q.biz/Fcgf

 

産後5ヶ月の尿漏れについて。

最近立ち上がったりするとトイレに行きたい感覚も無いのに勝手に漏れるような感覚があります。
あまりに勝手に出てくる感じなので最初はおりものかな?と思ったのですがどうも違うみたいなのて。

http://qq2q.biz/Fcgh

 

それに尿漏れは、”時間がたてばたつほど、酷くなっていく”という特徴もあります。
⇒尿漏れを放っておいて、悪化した体験談はこちら

だからこそ、産後に尿漏れが酷くなったと感じてしまうんですね。
いつまでたっても尿漏れは自然には治りませんし、酷くなるほど治療も大変になったり、もうオムツ生活しかなくなることもあるので、早めの尿漏れ対策がとっても大事です!

尿漏れと破水の見分け方とは?

妊娠中の尿漏れですが…(もしかして破水なのでは!?)と不安に思われる方が本当に多いです。
でもそれも当然で、もし陣痛が来る前に破水をしてしまうと、赤ちゃんを包んでいる卵膜の中に細菌が混入して、赤ちゃんの命が危険にさらされてしまいますからね。

痛みが全くないと破水とは気づかない可能性もありますので、あらかじめ尿漏れと破水の見分け方を覚えておきましょう。

 

見分けるポイントの一つが、自分で止められるかどうかです
尿漏れなら、尿道にキューっと力を入れれば何とか止めることができますが、破水なら力を入れても止まりません。

尿漏れはじっとしていればある程度治まりますが、破水だと少しずつあふれ出してきます。

 

あとは匂いも分かりやすいポイントで、尿ならアンモニア臭がしますし、羊水は個人差はあるものの、少し生臭いにおいがします。
また尿は黄色っぽい色をしていますが、羊水は無色か白濁した色をしていますので、比較的わかりやすいと思います。

もし、液体が赤色・ピンク色だったら?

破水の他にも、出産の直前になると「おしるし」という血液が出ることがあります。
これは出産が近づいてきて子宮口が開き始めると、赤ちゃんを包んでいる卵膜が剥がれるためです。

おしるしは真っ赤な血液のようなこともありますし、おりものに混ざってピンクがかった色をしていることもあります。
尿漏れとは色が明らかに特徴が違うので、区別するのはさほど難しくないでしょう。

 

おしるしが出てもすぐに出産するわけではありませんが、破水をしてしまった場合はすぐに病院に駆け込みましょう。

妊娠中は薬も飲めない!そんな私たちの3つの尿漏れ対策法

尿漏れの治療には、いくつか種類があります。
ただ薬を飲んだり手術を受けたりするのは、妊娠中はできません。

また骨盤底筋を鍛える体操も、子宮を刺激する可能性があるため、流産や早産のリスクを高めてしまいます。
だから、妊娠中の私たちにできる尿漏れ予防って、本当に少ないんですよ。

 

ただ先ほどもご紹介したように、後で対策を始めれば始めるほど、尿漏れが治るのも遅くなる…。
と言うことで、少しでも尿漏れを遅らせることができる、今できる対策方法をご紹介します。

①体を温める

冷えは妊娠中は特に大敵ですが、冷えは尿漏れを引き起こす原因でもあります
体が冷えると汗をかく量が減るため、尿が多く作られてトイレが近くなりますからね。

特に冷え性になると、自律神経が乱れて脳がおしっこを出すタイミングを正しく伝えられなくなるんです。
そうなると、いわゆる「突然、我慢できないほどの尿意に襲われる」タイプの尿漏れに襲われることになります。

なので、しっかり体は温めるようにしましょう!

➁骨盤ベルトを締める

妊娠すると骨盤が開きやすくなるのは仕方のないことですが、昔に比べて今の時代の女性は骨盤が開きすぎていると言われています。
洋式トイレや椅子の生活が当たり前になったことによって、現代人は昔に比べて骨盤底筋が弱くなっているのです。

ただ、骨盤が開きすぎると尿漏れをしやすくなるだけでなく、赤ちゃんの位置が下がりすぎて早産のリスクが高くなります。
そこでおすすめなのが、妊娠中でも使える骨盤ベルトです。

 

骨盤底筋を鍛える体操はできませんが、骨盤ベルトならつけても大丈夫ですよ。
骨盤を安定させて、膀胱を圧迫していた内臓も正しい位置に戻るため、使ってみてください。

④吸水ナプキンよりも布ナプキン

尿漏れがひどい時には、尿漏れパッドや吸水ナプキンを使うのがおススメです。
ただ妊娠中は肌が非常に敏感になるため、使い捨ての尿漏れパッドや吸水ナプキンなどでは肌が荒れやすくなるんですよ。

それに、尿漏れパッドや吸水ナプキンには水分を吸い取るポリマーが入っていますが、これが子宮を冷やす原因になると言われています。
布製のナプキンであれば子宮を冷やすこともありませんし、肌に優しく着けていても不快感を感じにくいので、妊婦さんには特におすすめなのです

1か月で8割の人が改善した成分も、妊娠中でも飲める

実は最近、タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究で、1カ月間で8割の方のトラブルが改善した成分が見つかりました。
それがきっかけで、多くのママがこっそり尿漏れ対策を始めています。

 

  • 尿漏れは対策出来たので、破水かどうか見分けがつきやすくなった
  • 出産後に、すぐに子育てに集中できた
  • 旦那さんに、尿漏れして変に思われることもなくなった
  • 妊娠前に履いていた下着も、(シミができないので)出産後も変わらず履けた
  • 出産後、何の問題もなく仕事に戻ることができた

といった声が多いですよ。

それに薬とは違って天然由来の成分なので、副作用なども特にありません。
良かったら、試してみて下さいね。

妊娠中でも飲める!1カ月で8割の人が改善した方法を見にいく⇒

市販で尿漏れ対策をするならこれ↓

ナチュラエース

 特徴は?

 タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究(詳しくはこちら)で、1カ月以内に8割の人が実感できた成分を配合

 咳や動いた時などお腹に力が入った時に…。トイレに行った後に…。感覚がないのに…。急に我慢できなくなって…ジワリ。そんな方に売れています。

 男性・女性ともに売れています。

 メーカーは、東証一部上場の超大手企業

 2日営業日以内発送、商品の中身がわからないように送ってくれる

 今月末まで、30%OFF&送料無料キャンペーン中!

↓公式サイトはこちら↓
ナチュラエース