このサイトでは、尿漏れを改善する方法についてまとめています。サプリをはじめ病院で処方される薬や手術、自宅でこっそり対策する方法など、尿漏れの改善方法を色々とご紹介します。

尿漏れ治療で病院で処方される薬の効果、副作用まとめ

尿漏れの病院での治療は、薬物治療が基本になります。
この記事では、そんな病院で処方される薬の効果や副作用、費用などについてご紹介しますね。

また「病院で処方されるけど、実は尿漏れには効果がない薬」についても、ご紹介します。

 

ちなみに尿漏れを病院で治すときに、何科に行けばいいか、検査内容、病院へ行くデメリットなどは以下の記事でご紹介しています。

⇒尿漏れは病院の何科?治療内容や費用は?などまとめ

また、市販薬については、以下の記事でご紹介しています。

⇒尿漏れに効く15の市販薬・漢方薬について

尿漏れ治療で処方される薬の効果と副作用

それでは、始めます!
なお用法・容量については、病院で言われたとおりに守って下さいね。

ベシケア

http://urx.mobi/F6Yu

過活動膀胱によってトイレが我慢できなくなったり、我慢できずにお漏らしをしてしまうといった症状を改善する薬です。
副作用としては、口の中が渇いたり、便秘になることが多く、尿が出にくくなったり全く出なくなることもあります。

高齢者が服用すると、ぼーっとしたりうまく言葉が出ないなど、認知症に似た症状が出ることもあるため、注意が必要です。
妊娠中や授乳中の方は出来るだけ使用を控えた方が良いでしょう。

 

ベシケアの薬価は、1錠あたり約110円~200円です。
基本的には、1日1錠が目安です。

ベタニス

http://urx.mobi/F6Yx

こちらは切迫性尿失禁に治療薬で、膀胱を緩めることによって尿を多く溜められるようになるため、突然我慢できなくなる尿意やそれに伴う尿失禁などの症状を改善します。
副作用は、口が渇いたり、便秘や湿疹などが挙げられ、尿が出にくくなることもあります。

妊娠中や妊娠の可能性がある女性や、授乳中も母乳に成分が移行するため、使用を控えた方が良いです。

 

ベタニスの薬価は、1錠あたり約110円~200円です。
基本的には、1日1錠が目安です。

スピロペント

https://www.qlife.jp/meds/rx42939.html

気管支を広げて呼吸しやすくする薬で、主に喘息や気管支炎などの治療に用いられますが、膀胱を緩めたり尿道の筋肉の収縮力を高める効果もあるため、腹圧性尿失禁の治療にも使われています。
副作用としては、動悸や指や手の震え、頭痛や吐き気などが挙げられます。

妊娠中や授乳中の方は、出来るだけ使用を控えた方が良いでしょう。

 

スピロペントの薬価は、顆粒が1グラムあたりおよそ30円です。
基本的には1日2錠が目安です。

タムスロシン

https://www.qlife.jp/meds/rx19158.html

前立腺肥大症に伴う尿トラブルを治療するのに用いられる薬です。
前立腺は膀胱のすぐ近くにあるので、前立腺が肥大すると尿が出にくくなって残尿感がひどくなるため、頻繁にトイレに行きたくなったり、我慢しきれずに尿漏れを起こしてしまったりします。

タムスロシンを服用すると、前立腺や尿道の働きが正常になるため、こうした症状を改善することができます。
副作用としては、ふらつきやめまい、胃がむかむかするなどの症状があります。

 

こちらは前立腺に作用する薬なので、主に男性に処方されます。

タムスロシンの薬価は、1錠あたり約20円~約90円です。
基本的には、1日1錠が目安です。

ウリトス

https://www.qlife.jp/meds/rx11629.html

こちらは過活動膀胱の症状を改善する薬で、膀胱の筋肉の収縮を抑えることによって尿漏れを改善し、より多くの尿を溜めておけるようになるため、トイレに行く回数を減らす効果が期待できます。
副作用は、口の渇きや目のかすみ、便秘などの他に、尿道が閉じて尿が全く出なくなる症状もあります。

妊娠中や妊娠の可能性がある女性は、使用することができません。

 

ウリトスの薬価は、1錠あたり100円ほどです。
基本的には、1日2錠が目安です。

トビエース

https://www.qlife.jp/meds/rx36036.html

過活動膀胱の治療薬で、膀胱の収縮をコントロールする働きがあります。
尿意を我慢できなかったり、トイレに何度も行きたくなったり、我慢できずに尿漏れしてしまうなどの症状を改善します。

副作用としては、口の渇きや便秘、吐き気や腹痛などが挙げられます。
妊婦や授乳中の使用は安全性が確立されていないため、使用を控えた方が良いでしょう。

 

トビエースの薬価は、1錠あたり約200円~約300円です。
基本的には、1日1錠が目安です。

エブランチルカプセル

https://www.qlife.jp/meds/rx13148.html

末梢血管を広げる働きがあるため、血圧を下げる薬として使われますが、前立腺や尿道の筋肉の収縮を抑える働きもあるため、前立腺肥大症や神経系のトラブルが原因の尿漏れなどを改善する薬としても用いられます。
飲み始めに特に起こりやすい副作用として、立ちくらみやめまい、意識の喪失などが挙げられるため、車の運転などは注意が必要です。

妊娠中や授乳中は、使用を控えた方が良いとされています。

 

エブランチルカプセルの薬価は、1カプセルあたり約20円~約30円です。
基本的には、1日1錠が目安です。

ウブレチド

https://www.qlife.jp/meds/rx2628.html

筋肉の力を高める作用があるため、膀胱の周りの筋肉を強くして尿漏れなどの排尿トラブルを改善する効果が期待できます。
ただしこの薬を服用すると、命にかかわる副作用が出る可能性があるため、厳重な注意が必要です。

特に飲み始めてすぐに嘔吐や腹痛、下痢、発汗などの症状が出た場合はただちに使用を中止して、医師に連絡をしましょう。
もちろん妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。

 

ウブレチドの薬価は、1錠あたり20円ほどです。
基本的には、1日1錠が目安になります。

ステーブラ

https://www.qlife.jp/meds/rx11630.html

過活動膀胱を改善する薬で、膀胱の収縮を抑えて、頻尿や切迫性の尿失禁などの症状を改善していきます。
副作用としては、便秘や目のかすみ、口の渇きなどが挙げられます。

まれに、急に視力が低下して緑内障になったり、肝機能障害を起こす可能性もあるので、初期症状が出たらただちに使用を中止して医師の診察を受けなくてはいけません。
妊娠中や授乳中の服用については、安全性が確立されていないため控えた方が良いでしょう。

 

ステーブラの薬価は、1錠あたり100円ほどです。
基本的には、1日2錠が目安になります。

薬が怖いと思ったら、最近見つかった「医薬品と変わらない」成分がオススメ!

以上が、尿漏れの治療で、病院で処方されやすい薬です。
ただやっぱり副作用は強いですし、薬を飲んだからと言って、必ず尿漏れが治るわけではありません。

でも薬が効かなかったのに、天然由来の成分で良くなった人も多いんです。
特に最近見つかった成分は、薬以外で尿漏れを治したい方に、とっても人気があります。

 

もう少しご紹介すると、タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究で、とある成分が尿漏れに良いことがわかりました。
そして研究では、なんと1カ月で8割の方のトラブルが改善し、自覚症状のアンケートでは、医薬品とあまり変わらない結果になったそうです。

しかも、あくまで天然由来の成分なので、副作用はありません。

  • 咳やくしゃみなど、お腹に力が入った時に尿が漏れる
  • トイレで尿を出し切ったのに、しばらくすると尿が漏れる
  • 急に、急激な尿意に襲われる
  • 漏れている感覚は無いのに、いつの間にか尿が漏れている

そんな方のための成分ですよ!

 

(もちろん、早く良くなってほしいですけど)薬と違って長期的に飲んでも問題ありませんし、妊娠中や授乳中でも、基本的には問題ありません。

詳しくは、以下の記事をお読みください。

1カ月以内に8割の人が元の生活に戻れた方法を見にいく⇒

市販で尿漏れ対策をするならこれ↓

ナチュラエース

 特徴は?

 タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究(詳しくはこちら)で、1カ月以内に8割の人が実感できた成分を配合

 咳や動いた時などお腹に力が入った時に…。トイレに行った後に…。感覚がないのに…。急に我慢できなくなって…ジワリ。そんな方に売れています。

 男性・女性ともに売れています。

 メーカーは、東証一部上場の超大手企業

 2日営業日以内発送、商品の中身がわからないように送ってくれる

 今月末まで、30%OFF&送料無料キャンペーン中!

↓公式サイトはこちら↓
ナチュラエース