このサイトでは、尿漏れを改善する方法についてまとめています。サプリをはじめ病院で処方される薬や手術、自宅でこっそり対策する方法など、尿漏れの改善方法を色々とご紹介します。

尿漏れ改善!骨盤底筋体操のわかりやすい方法【動画あり】

尿漏れの対策方法の1つに、体操があります。
しかも他の病気なら”体操はあくまで補助的なもの”という扱いですが、尿漏れの場合は、体操が治療にとっても効果的なんです。

だから今日からにでも体操は始めるべき!なのですが、実は尿漏れのタイプによっては、まったく効果がない場合もあります。
そういうことも含めて、この記事でご紹介しますね。

その前に…こんなタイプの尿漏れに、体操は効果なし!

先ほども言いましたが、体操だけですべてのタイプの尿漏れが改善するわけではありません。
尿漏れにはさまざまな原因があり、前立腺や膀胱などが何らかの病気にかかっていたり、おしっこを出したいと脳に指令を出す神経が壊れてしまった場合などは、体操だけでは完治することができないのです。

体操が効果的なのは、腹圧性尿失禁の場合です。

 

例えば

  • 腹筋をした時
  • 笑った時、
  • くしゃみやせきをした時、
  • 急に立ち上がった時
  • 階段を下りる時

など、ふとした瞬間にぐっとお腹に力が入ると、ちょろっと尿が漏れてしまうタイプですね。

こういうタイプの尿漏れには、体操はとっても効果がありますよ!

 

逆に

  • 急に、我慢できないほどの尿意に襲われる
  • トイレに行った後、しばらくすると尿が漏れる
  • 感覚がないうちに、尿が漏れている

という場合には、あまりこの体操は向いていません。

こういうタイプの方は、以下の方法がおすすめです。
⇒1カ月で8割の人が改善した、尿漏れ対策方法はこちら

どうして体操が尿漏れに効果あるの?(飛ばしても大丈夫です)

そもそも尿漏れが起こる原因は、骨盤の下にある「骨盤底筋」という筋肉の緩みが原因です。
その筋肉を鍛えるのが、今回ご紹介する体操になります。

 

正常な骨盤底筋は、内臓を正常な高さにまで持ち上げてくれています。
ただし骨盤底筋が緩んでくると、内臓を支えきれなくなって位置が下がってきてしまいます。

 

そうなると膀胱や尿道が上から押しつぶされてしまい、尿道口をしっかりと締め付けることが出来なくなってしまうんです。
そうすると、少しおなかに力が入っただけで尿が押し出され、尿漏れが起きてしまう…と言うわけです。

骨盤底筋のゆるみを鍛える運動療法は、腹圧性尿失禁のタイプの方には、とっても効果的ですよ!

尿漏れが治る骨盤底筋を鍛える体操の、具体的な方法(動画あり)

骨盤底筋を鍛える体操はさまざまな方法があり、動画投稿サイトなどを検索すれば実際のトレーニング方法が分かりやすく解説されています。
検索する時には「骨盤底筋体操」「尿漏れ予防体操」「尿漏れ対策運動」「肛門を引き締める体操」などで調べてみると良いでしょう

せっかくなので、人気の骨盤底筋体操を以下にご紹介いたします。
とってもわかりやすいので、おすすめです。

動画が見れない方のために簡単にご紹介すると、骨盤底筋体操は、肛門や尿道の出口をきゅーっと力を入れて閉じたり緩めたりを繰り返すものです。
初めての方は力を入れる場所や感覚が分かりにくいと思いますが、分かりやすくいうと肛門に力を入れるのは、おならを我慢する感覚です。

尿道は、おしっこを出したり止めたりするようなイメージですね。

膣トレも、効果あり!

骨盤底筋を鍛える体操と似たようなもので、膣体操というものもあります。
やり方は非常に似ていて、膣をきゅーっと力を入れて閉じたり緩めたりを繰り返すのです。

初めての方は分かりにくいと思いますが「生理の時の経血がダラダラ垂れないように出口をふさぐ」というイメージでやってみましょう。

 

コツをつかむまで大変かもしれませんが、動画投稿サイトなどで「膣体操」や「膣トレ」などで検索すれば、やり方を詳しく解説してくれる動画が見つかります。

尿道の出口と、膣、肛門の3か所を意識して引き締めの運動を繰り返していくと、骨盤底筋がだんだん強くなって内臓が正常な位置に戻るため、尿漏れの症状が次第に改善していきますよ!

腹筋を鍛えても、尿漏れは改善しません

これは勘違いしてしまう方が多いのですが、腹筋を鍛えても尿漏れは治すことはできません。
むしろ、お腹に力を入れると尿漏れをしてしまうので、腹筋をすればするほど尿漏れがひどくなってしまいます。

骨盤底筋を鍛える体操をしている時にも、間違って腹筋に力を入れてしまうと逆効果です。
腹筋は全く動かさず、肛門、膣、尿道の3か所に意識を集中して力を入れるようにしましょう。

どれくらい尿漏れ体操の期間続ければ、効果が出るの?

体操は毎日かかさず、少なくとも2〜3か月間は続けないといけません。
ただし、尿漏れの症状が改善したとしても、トレーニングをやめると再発する可能性があります。

骨盤底筋は、何もトレーニングをせずにいると年々衰えていきます。
尿漏れが改善しても、その効果をずっとキープするためには、やはり毎日続けていくことが重要です。

ただ薬や手術のように即効性は無いので、あまりワクワクしすぎない事が、続けるためのコツですね。

 

幸い骨盤底筋を鍛える体操にはお金もかかりませんし、いつでも気がついたときに行うことができます。
1日に1回だけでなく、例えばトイレに行った時やお風呂に入っている時など「習慣をつける」と長く続けやすいでしょう。

骨盤底筋体操のやる気がしない?実はこんなメリットもありますよ!

体操を初めてやった時、誰もが思うはずです。
(あぁ、めんどくさい。続けられるかなぁ…)と。

でも、骨盤底筋を鍛えると、体にうれしいことがたくさんあります。
まず子宮の位置が安定するため、女性ホルモンのバランスが整い、つらい生理痛の症状が軽くなったり肌荒れしにくくなる効果があります。

 

また、腸の動きもスムーズになるため、便秘が治ったり腸内環境が改善されて免疫力も高まります。
骨盤底筋がしっかりしていると、出産の時に赤ちゃんを出そうとする力が強くなるため、吸引分娩などをしなくても自力でするんと産むことができます。

骨盤がしっかりと支えられることによって、腰痛の予防や改善も期待できたりなど、女性にとっては良いことづくめです。
どうでしょう、やる気は出てきたでしょうか?

骨盤底筋を鍛える体操、やっていい人と悪い人

ここから先は、体操をする方の立場別にご紹介します。
実は状況によっては、体操が効果ないどころか高リスクになることもあるので、ぜひ最後までお読みください。

妊娠中にやってもいい?効果はある?

妊娠中は尿漏れが起こりやすくなる時期ですし、スムーズな出産のためにも骨盤底筋を鍛えることが大事ではありますが、体操を行うにはかなりの注意が必要です。
特に妊娠初期は流産のリスクが高いため、膣を絞めたり緩めたりする動作は危険です

体操をするのは少なくとも安定期に入ってからで、そして主治医に相談をしてやっても大丈夫というお墨付きをいただいてから行うことをおすすめします。
主治医の許可が出たとしてもあまり無理をせず、体調が安定している時に行うようにしましょう。

 

骨盤底筋体操を行うなら、妊娠中よりも妊活中、そして出産後が絶対おススメですよ。

高齢者がやってもいい?効果はある?

骨盤底筋は年齢を重ねるとともに衰えるので、尿漏れに悩まされている高齢者の方には、体操はぜひおすすめです。
激しい運動ではありませんし、横になりながらでもできるトレーニングなので、むしろ高齢者向きと言えるでしょう。

男性がやってもいい?効果はあるの?

骨盤底筋は男性にもありますので、トレーニングの効果はもちろんあります。
男性の場合は、尿道と肛門の2ヶ所をトレーニングしていきます。

ただ男性の場合、尿漏れの原因は膀胱と前立腺の場合が多く、骨盤底筋体操で、尿漏れが改善したという話はあまり聞きません。
なので、他の対策方法と一緒に、あくまで補助的な意味で取り組まれるのが良いと思います。

もっと早く…例えば1カ月以内に変化を実感したいなら…

始めの方にご紹介しましたが、体操はいわば”筋肉トレーニング”なので、なかなか実感するのも難しいです。
だからこそ、途中でやめてしまう方も多いんですよね…。

でも実は最近、タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究で、1カ月間で8割の方のトラブルが改善した方法が見つかりました。
この方法と体操を合わせてやれば、もっと早く尿漏れを気にしなくていい生活が送れると思いますよ!

 

詳しくは、以下の記事をお読みください。

8割の人が一か月で改善した、尿漏れ対策方法を見にいく⇒

 

 

 

市販で尿漏れ対策をするならこれ↓

ナチュラエース

 特徴は?

 タカラバイオと静岡県立大学大学院の共同研究(詳しくはこちら)で、1カ月以内に8割の人が実感できた成分を配合

 咳や動いた時などお腹に力が入った時に…。トイレに行った後に…。感覚がないのに…。急に我慢できなくなって…ジワリ。そんな方に売れています。

 男性・女性ともに売れています。

 メーカーは、東証一部上場の超大手企業

 2日営業日以内発送、商品の中身がわからないように送ってくれる

 今月末まで、30%OFF&送料無料キャンペーン中!

↓公式サイトはこちら↓
ナチュラエース